教育課程総論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数628
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○教育課程全体における「総合的な学習の時間」の位置付け、及びその内容について述べなさい。
    ○幼稚園の教諭が小学校のカリキュラムを知ることの意義について、小学校学習指導要領と幼稚園教育要領とを比較することによって論じなさい。
    ○幼稚園及び保育所における保育課程の編成に関して、それぞれの保育の特性をふまえながら、留意すべき事柄について記しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こちらに掲載しております内容は、決して「模範解答」的なものではなく、あくまでも私個人のレポート・論文として掲載しております。 よって掲載しております内容によって生じました不利益及び問題に関しては、申し訳ありませんが、一切責任を負いかねますのでご了承頂きたくお願い申し上げます。
    ○教育課程全体における「総合的な学習の時間」の位置付け、及びその内容について述べなさい。
    ○幼稚園の教諭が小学校のカリキュラムを知ることの意義について、小学校学習指導要領と幼稚園教育要領とを比較することによって論じなさい。
    ○幼稚園及び保育所における保育課程の編成に関して、それぞれの保育の特性をふまえながら、留意すべき事柄について記しなさい。
    ○教育課程全体における「総合的な学習の時間」の位置付け、及びその内容について述べなさい。
    教育課程全体において、「総合的な学習の時間」は、国語や社会などの教科とは異なる領域として、小学校3年から高等学校にまで設置された。これは、自ら学び、自ら考える力を育成すること、各学校が創意工夫を生かし特色ある教育、特色ある学校づくりを進めることというねらいを具体化するために設けられた領..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。