発達心理学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数504
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設題:乳幼児期における母子関係について、社会性の視点から述べなさい。また、以下のキーワードを必ず含めること。
    留巣性  離巣性  母子間の共生  愛着  ピアジェ  仲間関係

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こちらに掲載しております内容は、決して「模範解答」的なものではなく、あくまでも私個人のレポート・論文として掲載しております。 よって掲載しております内容によって生じました不利益及び問題に関しては、申し訳ありませんが、一切責任を負いかねますのでご了承頂きたくお願い申し上げます。
    設題:乳幼児期における母子関係について、社会性の視点から述べなさい。また、以下のキーワードを必ず含めること。
    留巣性  離巣性  母子間の共生  愛着  ピアジェ  仲間関係
    哺乳類は、留巣性と離巣性の2種類に分けられる。留巣性とは、妊娠期間が短く、一度に多数の子どもを生むが、体は小さく、運動能力はきわめて劣っているため、長期間にわたって親の保護がなければ生きていけない。これに対し、離巣性とは、妊娠期間が長くて、原則として一頭を生み、生まれてくる子どもはすでに相当な程度に成熟していて、生まれてすぐに成体と同じように移動することができる。
    人間は妊娠期間では離巣性に近いが、生まれる時には未成熟で、長年にわたって親の保護を必要とする。このように親に対する依存性があるため、子どもの社会性はまず親との関係から始まることに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。