養護原理Ⅰ 児童の成長にとって地域社会の役割とその現状について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数340
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉子ども社会文化発達地域問題家族

    代表キーワード

    養護原理

    資料紹介

    子どもをとりまく環境として、家庭の次に地域社会がある。地域社会とは、一定の地理的な範囲で、生産、教育、福祉、娯楽などの住民のニードを充足するための諸機能をもった制度や施設があり、そこで住民相互にさまざまな集団活動や共同生活がいとなまれているものと定義される。地域社会は、そこに住む大人や子どもによって形成されており、それらの人々の生活を支えるために2つの役割を持っている。
    一つ目は、機能(制度)的に生活を支える役割である。これは、消費的機能、教育・文化的機能、医療・保健の機能、防犯的機能、福祉的機能、体育・レクリエーション的機能などがあげられる。このような専門的な各種の機関や施設の援助によって、家

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養護原理Ⅰ 児童の成長にとって地域社会の役割とその現状について
    子どもをとりまく環境として、家庭の次に地域社会がある。地域社会とは、一定の地理的な範囲で、生産、教育、福祉、娯楽などの住民のニードを充足するための諸機能をもった制度や施設があり、そこで住民相互にさまざまな集団活動や共同生活がいとなまれているものと定義される。地域社会は、そこに住む大人や子どもによって形成されており、それらの人々の生活を支えるために2つの役割を持っている。
    一つ目は、機能(制度)的に生活を支える役割である。これは、消費的機能、教育・文化的機能、医療・保健の機能、防犯的機能、福祉的機能、体育・レクリエーション的機能などがあげられる。このような専門的な各種の機関や施設の援助によって、家庭や児童の生活が維持され、その成長発達が保障されるのである。
     二つ目は、集団活動を保障する役割である。人は、家族の中に生まれ、家族集団を基点に地域の自然発生的遊び仲間集団、子ども会、幼稚園、保育所、学校の集団など多様な集団体験を通じて社会的に成長していくのである。
     現在、地域社会はさまざまな課題を抱えている。地域社会は子どもにと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。