保育原理 保育の形態について、乳幼児を育てる保育形態として、あなたがもっとも重要であると考える保育形態をひとつ取り上げ、なぜその形態が特に大切なのかについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,270
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育子ども社会幼児大学遊び自由集団活動

    代表キーワード

    保育原理

    資料紹介

    保育所や幼稚園で行われる保育の実践には様々な形態がある。保育の現場では、一日のうちにいくつかの形態が組み合わされて展開されることが多い。
    自由保育と一斉保育
     自由保育とは、幼児個々の興味を基礎として、一人ひとりの自由な活動・遊びを主体に保育を展開する形態をいう。これに対して、一斉保育とは、1クラスあるいは数クラスの子ども全員を対象として、意図的に計画的に同一の活動・遊びを展開していく保育の形態をいう。
     子ども一人ひとりが自分のやりたい遊びを見つけて自発的・積極的に取り組む姿が理想である。その個々の遊びに他の子どもたちが引きつけられ、一人の遊びがグループでの遊びに発展する。その発展を保育者が意図的にクラス全員にはたらきかけ、一斉保育に展開されていくこともある。このような保育を設定保育・計画保育という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育原理 保育の形態について、乳幼児を育てる保育形態としてあなたがもっとも重要であると考える保育形態、なぜその形態が特に大切なのかについて。
     保育所や幼稚園で行われる保育の実践には様々な形態がある。保育の現場では、一日のうちにいくつかの形態が組み合わされて展開されることが多い。
    自由保育と一斉保育
     自由保育とは、幼児個々の興味を基礎として、一人ひとりの自由な活動・遊びを主体に保育を展開する形態をいう。これに対して、一斉保育とは、1クラスあるいは数クラスの子ども全員を対象として、意図的に計画的に同一の活動・遊びを展開していく保育の形態をいう。
     子ども一人ひとりが自分のやりたい遊びを見つけて自発的・積極的に取り組む姿が理想である。その個々の遊びに他の子どもたちが引きつけられ、一人の遊びがグループでの遊びに発展する。その発展を保育者が意図的にクラス全員にはたらきかけ、一斉保育に展開されていくこともある。このような保育を設定保育・計画保育という。
    自由保育も一斉保育も、その中で幼児が自発的・積極的に取り組んでいるということが重要である。
    個別保育・グループ保育・クラス保育
    個別保育とは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。