社会福祉援助技術 グループワークの展開過程について.

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数958
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グループワークとは、グループを援助対象とし、そのグループの特性を生かして、グループのメンバーが抱える問題を解決していこうとする専門的援助技術である。グループワークの効果が十分発揮されるための過程には、多くのとらえ方が存在するが、ここでは4段階に分けて述べる。
     まず、準備期である。準備期は、施設・機関・団体に集まったメンバーが、必要とあればプログラムを効果的に達成するために、小グループに構成され、ワーカーの援助を受けながら、グループ作りを始めていく時期をいう。
     準備期においてワーカーは、個々のメンバーとの間に基本的な信頼関

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術 グループワークの展開過程について述べてください。
     グループワークとは、グループを援助対象とし、そのグループの特性を生かして、グループのメンバーが抱える問題を解決していこうとする専門的援助技術である。グループワークの効果が十分発揮されるための過程には、多くのとらえ方が存在するが、ここでは4段階に分けて述べる。
     まず、準備期である。準備期は、施設・機関・団体に集まったメンバーが、必要とあればプログラムを効果的に達成するために、小グループに構成され、ワーカーの援助を受けながら、グループ作りを始めていく時期をいう。
     準備期においてワーカーは、個々のメンバーとの間に基本的な信頼関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。