佛教大学 通信教育部 レポート 理科概論 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数753
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少することについて述べよ。」
    自然界では多くの動物や植物が生活している。それらは環境の変化の中で適応したものは増加し、不適応のものは減少する。さまざまな環境条件下で起こる「適応」、「不適応」や「増加」、「減少」といった現象を生態系全体の中で考えてみる。
    生物は急激な環境変化が無い限り必ず適応するという性質、能力を持っており、常に種族を維持するという状態にある。つまり現在地球上に生存している生物は、長い年月の中でさまざまな環境の変化に適応してきた結果生き残っている種族である。環境の変化に適応できなかった種族は、生き残ることができずに絶滅してしまったと考えられる。それではどのような要因(環境条件の変化)で「適応」、「不適応」が起こるのだろうか。
    第一の要因は温度(気温・地温・水温)である。生物の生理作用は最適温度を中心によくはたらき、温度の上昇、低下でその作用は小さくなる。生物が活動可能な時間や期間も自然とその地域の気候や温度の変化で大きく左右される。この温度が変化すると、生物は休眠状態になるか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。