佛教大学 通信教育部 レポート 美術概論Ⅰ B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数543
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「美術嫌いになる原因を具体的事例からさぐり、楽しい・わかる・できる授業を通して好きにさせるための手立てを、学習指導要領の目標及び内容・方法を関連づけて述べなさい。」
    小学校低学年の頃、誰もが学校の教科の中で好きだった「図画工作」が、いつの間にか高学年になるにつれて「好きな教科」から「好きでない(嫌いな)教科」になってしまう。そして大人になると、ほとんどの人が、美術(図画工作)に苦手なイメージを持つようになる。小さい頃、誰もがあんなにも夢中になって画用紙に好きな絵を楽しそうに描いていたのに、大人になって絵を描き続けているという人は、ごく一部である。絵を描いたり、もの造りを日頃から楽しんでいる人は、画家や美術関係者以外にはほとんどいない。
    なぜ、大人になるにつれ、美術が次第に嫌いになってしまうのだろうか。その原因を探り、生涯を通じて美術を好きにさせる手立てを考えてみる。
    美術嫌いになっていくと考えられる原因を、いくつかの事例で挙げてみる。
    ・授業の内容が面白くない。
    ・自分が一生懸命に作成した作品に対する、指導者(先生)や他人からの評価が低い。
    ・作品を他人に笑われたりした経験があり、自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。