佛教大学 通信教育部 レポート 生涯学習(SRリポート) 評価80点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数196
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題「『おとなが学ぶ』ことを支援するにはどうしたらよいか。」
    教育は時代・社会とともに変化し、現代は生涯教育・生涯学習という新しい教育の時代である。これまで日本では、明治時代から近代教育制度が導入され、以来産業と国家の発展により様々な教育体制をとってきた。戦後においては、それまでの極端な国家主義を排除し、民主主義、自由・平等の理念を確立するために、機会の均等化や人格の形成が尊重されてきた。
    「おとなが学ぶ」こと、つまり生涯学習を支援するという考え方の出発点になったのは、1965年ユネスコにおいてポール・ラングランが提唱した生涯教育の理念が起点である。日本において本格的に生涯学習の理念が導入され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。