佛教大学 通信教育部 レポート 国語科教育法(第1設題) B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数656
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「新たな時代を拓く国語科教育を具現化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことがらについて考察を図りなさい。その際、国語教育の意義、国語科教育の構造及び今日的課題をふまえるとともに、三領域一時項すべてにふれること。
    ≪はじめに≫
    近年、子どもたちや若者らの「ことばの乱れ」が問題視されている。ことばの持つ力やその働きなどに注目しながら、「人がことばを学ぶ」ということを見直していくことで、豊かな言語生活を送ることの大切さを、明らかにしていきたい。そして、「新たな時代を拓く国語科教育を具現化するための方法」という課題を紐解くために、国語教育の意義、国語科教育の構造及び今日的課題をふまえた上で、教師が留意すべき国語科教育の実践について考察していく。
    ≪国語教育の意義≫
    そもそも我々人間にとって、ことばとは何か。人間は、生活の中でことばを使う。人間が社会生活を営むためには、互いの意思や感情を通じあわせるためのことばの伝達(コミュニケーション)機能が必要である。正確に速く伝達するということばのはたらきによって、人間は共同社会を形成し、豊かな文化的生活を築き上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。