佛教大学 通信教育部 レポート 教育方法学(第2設題) B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数441
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。」
    グローバル化・高度情報化社会が到来し、日本社会における人々の生活は最近二十数年の間で急激に変化してきた。経済至上主義の下、勝ち組や負け組といった格差が生じ、経済的に余裕の無い負け組となってしまうと、状況を変えていくのは極めて困難な社会情勢である。経済格差がそのまま教育格差につながり、結果として生じてくる子どもの学力差が就職などに影響し、負の連鎖を断ち切れないという悪循環が続いているのである。
    情報社会の目指すべき方向として、総務省はユビキタスネット社会の確立(u-japan政策)を推進し、いつでもどこからでもさまざまなサービスが利用できるようになるネットワーク環境を確立するとしている。今や必要な情報(知識)は、パソコンやインターネットを活用すれば簡単に入手することが可能となったのである。日本社会は、世界一のモバイル端末浸透国であり、政府はこういったコンテンツを活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。