佛教大学 通信教育部 レポート 教育哲学(第2設題) A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数754
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「子どもからみた学校生活の意味に関連づけて、教師の課題について述べなさい。」
     
    現在、グローバル化・高度情報化・少子高齢社会が到来し、日本社会全体は急激な変化を迎え、経済至上主義の中で金融危機、雇用・貧困・格差問題や年金・社会保障問題など、我々は非常に困難な多くの問題に直面している。また、こういった不安定な社会情勢のもと、人間の生き方や個人的なつながりを見ると、利己主義、希薄な人間関係、特に学校現場においては、いじめや不登校、学級崩壊や非常識な要求をする保護者、児童虐待や健康・食育問題など、多くの複雑な問題が山積している。
    そんな中にあって、子どもたちが生活する学校という存在について考えてみる。学校は子どもが長時間親から離れて集団生活を送る場である。集団の中の一員として時間やルールを守り、秩序ある生活を送る。子どもたちは、緊張やストレスを感じながら、勉強することを「仕事」として強制される。このように枠にはめられながらも、子どもたちはその生活に適応し、成長していくのである。こうした子どもたちの苦労や努力を思えば、学校という場所は、子どもの成長を願う大人たちが愛情を持って子どもたちを支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。