佛教大学 通信教育部 レポート 教育相談の研究(第1設題) B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数288
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題
     について述べなさい。」
     
     現代、子どもたちが学校生活を送る上での問題として、不登校、いじめ、非行などのさまざまな不適応行動が多発している。昨年度の文部科学省の調査で、児童・生徒による暴力行為は、過去最高の件数を記録した。また、個々の人間関係に目を向けると、仲間との関わり方がよくわからなくて対人不安を抱いたり、感情を爆発させたりなどする子どもたちも増えている。学校で起こるこのような問題を解決するために、教師らは児童・生徒指導や教育相談という方法・手段で対応している。そうした子どもたちの心情をよく理解し、個別に適切な指導・援助を行い、子どもたちの健やかな成長・発達を支援する取り組みのことを「学校カウンセリング」と呼んでいる。これからの学校では、すべての教師がこうした教育相談活動もしくは教育相談的な指導を実践する際の、カウンセリング知識・技能・能力が求められているのである。「学校カウンセリング」の意義、その方法、そして今後の課題とはいったいどのようなものなのであろうか。
    一般的な「カウンセリング」とは、心理的問題を抱えたクライエント(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。