佛教大学 通信教育部 レポート 教育心理学(第1設題) B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数254
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。」
     人間は、一般的に乳児期・幼児期・児童期・青年期を経て成人へと段階的に発達し成長していくと考えられている。それぞれの時期において、心身ともに様々な機能を獲得し、発達課題を克服していくのである。どのような発達過程の中において象徴機能が発生するのか。またこうした機能が充分形成されない子どもの場合にどんな問題点が生じるのか。それぞれの発達段階時期において、教育する上で親や教師が大切にすべき点や、促進させるための方法等について考察する。
     乳児期における発達の特徴として、赤ん坊は周囲の刺激を選択的にキャッチし、統合する知覚能力を利用し、感覚運動活動を通して認識を深めていく。やがて、もののあり方と人の存在を結びつけた行動が現れ、生活社会に特有のことばを獲得していく。
    こうしたものごとの認知能力や社会性の発達は、特定の人(主に母親)との愛着関係がしっかりと形成されてこそスムーズに展開する。母親からの暖かい受け入れ、配慮ある働きかけをともなったタイミングの良い応..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。