博物館学芸員課程 「博物館資料展示の工夫」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,853
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の博物館学芸員課程のレポートで、
    「博物館資料展示の工夫」について、
    京都市内動物園、国立科学博物館の動物展示に特化し、
    本物と標本展示を比較し、書いています。

    博物館学芸員課程のレポートに良く出そうな課題なので、
    履修されている方や、通信教育の方のレポートの参考にしてください☆

    合格をいただいたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    博物館資料展示の工夫
    研究対象博物館 1:国立科学博物館(訪問日:2010 年 11 月 5 日)
    2:京都市動物園(訪問日:2011 年 1 月 3 日)
    はじめに
    本研究 は上記の2つの博物館を対象に動物や自然の展示の工夫を調査することを目
    的とした。
    本研究の主な比較内容
    1、動物 の展示の工夫(標本、実物)の比較。
    2、動物 が暮らす環境の展示の工夫。
    研究対象博物館 1:国立博物館
    まず 、動物展示の工夫から見てみる。この館では、動物の標本が何体か展示されてい
    る。(写真 1,2)
    「野生大型獣」「動物たちが生きるための知恵」「サバンナのほ乳類」の3つで分類され
    ており、実物大の動物を見ることができる。照明を暗くすることで、迫力がある。また、
    下からだけではなく、階段を登って上から見ることができる場所や、標本群を中心とし
    てフロアが構成されているため、ガラス越しに様々な角度から見ることができる。全体
    をガラスで覆っているため、近づくことができず、中央に設置されているものや、端に
    あっても反対側を見たい場合は遠いため、見にくい。
    次に、フロア 全体に里山の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。