博物館学 「自治体設置博物館の良い点、悪い点」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数582
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    博物館学芸員課程のレポートで、
    「自治体設置博物館の良い点、悪い点」をテーマに、
    滋賀県立琵琶湖博物館、大阪市立科学館、京都市青少年活動センター、京都府立植物園の4施設を比較し、
    それぞれの施設の特色などを、公共博物館としての視点から書きました。

    博物館学芸員課程の授業の課題に良く出てきそうなレポート内容なので、
    ぜひぜひ参考にしてください。

    合格をいただいたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自治体博物館施設の良い点、改善点
    見学博物館
    1、京都府立植物園(訪問日:2011 年 5 月 19 日)
    2、京都市青少年科学センター(訪問日:2011 年 5 月 20 日)
    3、滋賀県立琵琶湖博物館(訪問日:2011 年 5 月 22 日)
    4、大阪市立科学館(訪問日:2011 年 5 月 26 日)
    1、京都府立植物園 (訪問日 :2011 年 5 月 19 日・木曜日 午後 )
    約 9 のエリアに分かれている。桜、椿など日本特有の植物を初め、洋風庭園もある。天気の良
    い平日に行ったからか、一般の来園者も多かった。一般の来園者としては親子や、中高年の来
    園者が多かった。特に、植物の写真撮影をする中高年の来園者が目立った。
    公立博物館としての視点
    植物園と言う性質上、平面が多く、メインの道には段差がほとんどなかった。しかし「梅林」
    などはしかたないとは思うが、地面が土であり、車いすだと梅の木に近づくことが難しそうだ
    った。成長との兼ね合いもあるだろうが、木材で道を造るなど、実際に樹の側まで行けるよう
    な工夫が必要だと感じた。展示の説明に関しては、「木の名前だけ」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。