図書館学 「市民に愛される図書館とは」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数289
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の「図書館司書課程」のレポートです。
    「浦安図書館を支える人びと」と言う書籍を参考に、
    京都市の図書館(公共図書館)の状況と比較して、
    「市民に愛される図書館」について書いております。

    図書館司書課程を履修しておられる方、通信学習の方にオススメです♪

    合格をいただいたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市民に愛される図書館とは・・・
    「浦安図書館を支える人びと」 鈴木康之 坪井賢一著
    図書館司書資格に関する授業を履修してから、今で京都市図書館の図書館経
    営が当たり前だと思っていたのが、変わっていった。その中で、図書館の出来
    る範囲はどこまでか?どのようなサービスをしたら市民に愛される図書館にな
    るかを考えるようになった。このような理由で本書を読むに至った。
    浦安図書館 が日本でトップの図書館であるには、しっかりとした理由がある
    と感じた。近隣の公共図書館と比較しつつ、その中でも特に図書館としての魅
    力を感じたのは2つである。
    まず 、貸し出しカウンターとレファレンスのちょうど中間の役..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。