比較行動学「猿の果実を見分ける認知能力に関する研究計画」合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数316
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の「比較行動学」のレポートです。
    動物の認知能力を研究する計画を立てよ。と言う課題で
    「猿の果実を見分ける認知能力に関する研究計画」について書いています。

    合格をいただいたレポートですので、同じような課題の
    参考にできるかと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    猿の果実を見分ける認知能力に関する研究計画
    1、 序論
    私の住んでいる 地域は里山に囲まれた地域であり、冬場になるとエサが少なくなった
    猿が良く住宅地に出没する。先日も猿が出没しいつも通り屋根の上を歩き、エサを探し
    ていた。正月明けだったこともあり、我が家の玄関の外側にはしめ縄が飾ってあり、そ
    こにみかんがついていた。猿はそのみかんを狙っていたらしく、門柱に登ってみかんを
    つかみ食べたのだろうか。食べた瞬間に驚いたに違いない。そのみかんはプラスチック
    でできた人工のみかんだったからだ。玄関にはしっかりとかじった後がついているみか
    んが落ちていた。その様子を見て驚いた。猿は他の動物より賢く、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。