心理学科授業「PAC分析」合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数333
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の「PAC分析」のレポートです。
    1年生の時に心理学研究の基礎として
    「PAC分析」をしましたが、その時の学期末レポートです。

    心理学科の学生、通信学習の方にオススメです♪
    その他、経済学科等でも使えると思います。

    合格をいただいたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学研究法 春学期末レポート課題
    ①PAC分析結果の自己分析(テーマ:私私にとってのささやかなにとってのささやかな幸せ)
    1、各クラスターの特徴 (521字)
    ● クラスター 1:「食べ物」と言う点で共通している。例えば、「カバンの中にお菓子が入っている(連想8)」
    とすると、そのお菓子が好物の「ドーナッツ(連想1)」であればより幸せである。また、「親が何か食べ物
    を持って帰ってくる(連想2)」と「帰ったら夕食が好物だった時(連想9)」は「親から与えられる」と言
    う点が共通である。「親が持って帰ってきた食べ物(連想2)」が、「好物」だったらより幸せに感じる。
    ● クラスター 2:「天気などの気象条件」と言う点で共通している。4つの連想全てが、「晴れ」と言う天候の
    元存在する幸せである。「部屋でくつろいでいるときで涼しい風が入ってきたとき(連想5)」は雨が降って
    いることもあり得るが、「晴れ」の方が気持ちがよく幸せに感じる。
    ● クラスター 3:1項目(連想3)しかない。普段は朝はゆっくり寝ることができないので、ゆっくり寝るこ
    とができると幸せである。例え、前日に気分が落ち込..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。