心理実験「鏡映描写」合格レポート 教示文、同意書も添付

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数5,447
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の実験実習で行った「鏡映描写」の実験のレポートです。
    実験マニュアル、教示文、同意書もついています!
    実験の方法、レポートの参考に♪
    合格をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目 次

    第1章 序論 1
    第2章 方法 2
    第1節 研究日時 、場所および状況 2
    第2節 実験材料 および装置 2
    第3節 被験者 3
    第4節 手続 き 4
    第3章 結果 5
    第4章 考察 7
    付録
    第1章 序論
    我々の学習において、先行する学習 A が、後続する学習 B に何らかの影響を
    及ぼすことを学習の転移と言う。両側性転移とは、身体の一方の側の効果器(例
    えば、右手、右足)を用いた練習が、他の側にある効果器(左手、左足など)
    による遂行に影響を与える現象である。
    本実験では鏡の中の像を見ながら鉛筆で像をたどる、いわゆる鏡映描写の練
    習を、一方の手 A で行い、他方の手に持ちかえて描写した場合、手 A の練習の
    効果が手 B による遂行に影響を与えるかどうか、つまり両側性転移があるかど
    うかについて検証する。本実験では次の3つの仮説が考えられる。
    仮説 A 鏡映描写学習 では、逆転現象の一般原理を学習することで十分なの
    だから、一方の手から他方の手への転移は完全になるはずである。
    仮説 B 鏡映描写学習 では、逆転現象の一般原理を学習するのみで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。