教育心理学第2設題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数803
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。

     人は、さまざまな環境に対し反応し生活を営んでいる。その環境は、変化しているので人間は生きていくために、その環境と状況に応じた行動をとらなければならない。そして、欲求を満たすために、環境などと行動の調整をするのが「適応」である。適応機制とは、欲求を満たそうとするときに出てくる障害や困難にぶつかった時に、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力を「適応機制」と言う。また、社会の秩序や規範に対して、自己のパーソナリティなどを調整していることが、何らかの理由で出来なくなったときに起こるのが、不適応である。不適応は欲求不満や葛藤に陥り、それに耐えられなくなり情緒的に混乱を起こす場合や、心理機能の障害により現実の把握が歪められ、その歪んだものに合わせて行動する場合や、パーソナリティや知能の面で障害があるため、行動をコントロールできなくなることや、これらの結果として、社会環境に適合した行動が取れなくなってしまう場合がある。いずれにしても社会的なことに対応できないのが問題である。不適応は「精神障害」「精神欠陥」「反社会的行動」「問題行動」「状況」の5つの状態に分けることができる。その不適応に対応するのが「不適応機制」である。適応・不適応機制は、正常なものと異常なものに分けることができる。そもそも、人間は適応するために、いろいろ欲求を充足させようとして、自らの行動の調整を行う。この行動には、必ずなにかのきっかけがある。そのことを「動機付け」と呼び、動機付けには「生理的」「内発的」「学習性」「社会的」「自己実現」の5つがある。「生理的動機」は大きく分けると二つあり、個体保存と種族保存である。個体保存とはその個体自身が生きていくために必要な動機のことであり、食べることなどが挙げられる。「内発的動機」は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0105 教育心理学 第 2 設題
    (1)
    設 題
    適 応 ・ 不 適 応 の 心 理 的 機 制 、 ま た そ れ ら か ら ひ き 起 こ
    さ れ る 特 徴 的 行 動 に つ い て 説 明 せ よ 。
    人 は 、さ ま ざ ま な 環 境 に 対 し 反 応 し 生 活 を 営 ん で い る 。
    そ の 環 境 は 、変 化 し て い る の で 人 間 は 生 き て い く た め に 、
    そ の 環 境 と 状 況 に 応 じ た 行 動 を と ら な け れ ば な ら な い 。
    そ し て 、 欲 求 を 満 た す た め に 、 環 境 な ど と 行 動 の 調 整 を
    す る の が 「 適 応 」 で あ る 。 適 応 機 制 と は 、 欲 求 を 満 た そ
    う と す る と き に 出 て く る 障 害 や 困 難 に ぶ つ か っ た 時 に 、
    そ れ に 対 処 す る 仕 方 を 働 か せ る 心 的 機 能 の 基 本 と な る 機
    制 、あ る い は 適 応 へ の 努 力 を「 適 応 機 制 」と ..

    コメント1件

    kurua_s 販売
    私が販売中の全21レポートをまとめてお得にしました!
    http://www.happycampus.co.jp/docs/958224957399@hc09/60539/
    全部買うと通常11025円のところ→感謝価格6825円
    40パーセント引き☆
    2009/12/09 13:12 (7年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。