物理学

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数351
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験物理自動車測定自由変化仕事コイル電力

    代表キーワード

    物理学

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    物理学
    自動車や列車がカーブを通過する際には速度を落とす必要がある理由を説明しなさい。
    カルノー・エンジンが327℃の熱源じゃら10³kcalの熱をとって127℃の熱溜に熱を捨てたとする。どれだけの仕事をしたか。
    N回巻きのコイルを水平に固定し、その中心を棒磁石が垂直に落下するとき、コイルに生じる起電力を測定する実験を行った。磁石の落下距離h【cm】(手を離す位置からコイル面までの垂直距離)を変化させて起電力V【V】を測定し、hを横軸にVのピークの大きさを縦軸に測定データをグラフに描いた。どのようなグラフが得られるか。
    自動車や列車がカーブを通過する際には速度を落とす必要がある理由を説明しなさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。