これからの算数科の在り方

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数315
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    これからの算数科の在り方
    はじめに
     近年、新しい知識・情報・技術が社会で活躍していくには不可欠であり、「知識基盤社会」の時代となっている。また、核家族化や共働き家庭の増加、少子高齢化などの家庭環境の変化も見られる。これらを背景に、いじめや不登校問題、犯罪の低年齢化などの問題が増加してきており、子どもたちの心の問題と教育の在り方が問われている。
     このような著しく変化する社会に対応するために、子どもたちには、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和を重視した「生きる力」の根本となる基礎・基本の定着を期待し、改善が図られた。つまり、学習指導要領の目標や内容を達成することにより、基礎・基本の定着に繋がるのであり、目標そのものが今日における基礎・基本といえるのである。
     本課題では、その学習指導要領の目標と指導上の留意事項について述べた上で、これからの算数の授業の在り方を考えていきたい。
    新学習指導要領における算数科の目標
     平成20年度に改訂された新学習指導要領における算数科の目標は、以下の通りである。
     「算数科活動を通して、数量や図形についての基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け、日常..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。