児童福祉

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数561
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    児童福祉の定義と現状について、行政や実施機関などの具体的な機関を挙げながら考察しました。
    レポート評価は、優をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉の定義・現状
    日本において、児童福祉は日本国憲法第13条を基本とし、国民すべてが有する基本的人権に基づいている。児童福祉法は、戦後の混乱の中で、戦災孤児の多くが浮遊児となり、児童の福祉が著しく低下した昭和22年に制定された。当時の状況から浮遊児の保護が第一の課題であったが、児童福祉法は法の対象をすべての児童とし、「すべての児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ、育成される」ことを理念として掲げた。児童福祉法の制定を皮切りに、昭和36年に児童扶養手当法、昭和39年に特別児童扶養手当等の支給に関する法律、母子及び寡婦福祉法、昭和40年に母子保健法、昭和46年に児童手当法が制定され、これをまとめて「児童福祉六法」と呼んでいる。児童福祉法を具体化するために、様々な行政組織、児童福祉関係機関、児童福祉施設等が存在し、それらが連携あるいは役割を分担しながら系統的に実施している。では、児童福祉の行政、実施機関には具体的にどのようなものがあるのだろうか。また、児童福祉の現状を踏まえた上で、今後の課題について考えていきたい。
     日本国憲法ならびに児童福祉法を具体化し、児童福祉を推進していく実施体制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。