来談者中心療法について

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数199
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    来談者中心療法について
    はじめに(問題提起)
     本来、教育相談とは、一人一人の子どもの教育相談上の問題について、本人あるいはその親、教師などに、その望ましい在り方について助言・指導することを意味する。つまり、個人の持つ悩みや困難の解決を援助することによって、生活に適応させ、人格の成長への援助を図ろうとするものである。また、日本で教育相談が導入された背景には、いじめや不登校の問題がある。いじめの原因としては、家庭内のストレスや学校の対応不足などが挙げられる。また、不登校の原因としては、学校に対する魅力の低下、いじめ、コミュニケーション能力不足などがある。これらの問題に対して、予防・治療・助言を行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。