学校におけるカウンセラーの意義

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数129
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育におけるカウンセリングの意義
     近年の学校教育を取り巻く問題は、いじめ、非行、不登校などの問題行動が深刻化している。そして、これらに対応する形で、学校教育におけるカウンセリングの必要性が重視されるようになった。教師が熱心に生徒と関わろうとしても上手に繋がりを持つことができなかったり、突然生徒がキレて暴力をふるったりするケースさえ存在するようになっている。このような生徒の内面を理解するには、かなり複雑な問題を含んでいるため、非常に難しい。複雑な心の問題を解きほぐしていくためには、生徒の健やかな成長や発達を支援する教育相談つまり学校やカウンセリングといった、高度な対人援助技術を身に付けることが求められる。
     学校カウンセリングは、二つに大別される。一つは、治療的カウンセリングであり、主として神経系のクライエントが対象である。心的構造のバランスに変化が見られなくなった成人に対して用いられる技法であり、専門的なカウンセラーがクライエントの悩みの原因を明らかにし、さらにその原因を解決させることができるよう働きかけをする。もう一つは、発達援助的カウンセリングと呼ばれ、児童や生徒などが対象で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。