摂食障害とは

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数277
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    思春期における摂食障害について
    摂食障害とは
    思春期は心身ともに不安定になりやすく、それを下地に過激なダイエットがきっかけとなって「摂食障害」を引き起こす。主として10~20代の若い女性に多くみられるが、最近では小学生や主婦、男性など年齢を問わず多くの人がなりうる病気となっている。
    摂食障害は、一般的に「拒食症」と「過食症」の2つに分けられ、いずれも食事に関する異常行動がみられるものである。両者を医学的に言うと、前者を「神経性食欲不振症」、後者を「神経性大食症」と呼ぶ。これらの発症には、心の問題が大きく関与しているため名前に神経症という言葉が入っているのである。
    拒食症(神経性食欲不振症)は、精神的なストレスやダイエットから、食事量が減り、極端に痩せていく病気である。見た目から周囲の人が気づくことが多い。痩せていても、体重の増加や肥満に対して強い恐怖感を持ってしまう。拒食状態が続くと、過食や嘔吐が現れてくることがある。
    過食症(神経性大食症)は、拒食症と同じように精神的なストレスやダイエットをきっかけとして、大量の食べ物を食べてしまう病気である。吐いたり下剤を使用したり、絶食したりして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。