家政学を学ぶ意義

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数254
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    家政学の特性をとらえた上で、家政学は自分の将来計画に対してどのような方向性をもつかについて論じています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家政学を学んだことが自分の将来計画にどのような方向性をもつか
    自分の将来計画に際して、多様化する現代社会に象徴されるように、住む地域等により家庭生活が大きく異なると想定されることから、一様に科学的に実行したとしても家政学がバイブルや羅針盤にはなり得るものではないと考えられるが、いわゆる概論という点で生活の質的向上に貢献するものと考える。
     自分の将来計画の策定にあたり、家政学を科学的実施した場合という前提において分析したうえで、どのような方向に行くか考察したい。ただし、家政学は多岐に渡ることから、教育という視点で考えることとする。
    1 メリットとデメリット
      家政学を科学的に実行した場合、ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。