我が国のキリスト教への対策

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数138
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題3.織田・豊臣・徳川政権期における、キリスト教への対策について、述べなさい。
    織田・豊臣・徳川政権期におけるキリスト教
    織田政権期
     室町の終わりから織田政権下にかけて、海外から宣教師が来日し、15世紀にヨーロッパではじまった「大航海時代」の波が、16世紀半ばに極東の地日本にも押し寄せてきた。そして天文12年ポルトガル人が種子島に上陸し、鉄砲を伝えた。これが初めて日本に来たヨーロッパ人である。これをきっかけに南蛮貿易が始まった。ここに初めて、日本とヨーロッパとの関係が生まれたのである。
     当時のポルトガル・スペインの海外進出は、貿易とキリスト教の布教を結びつけて進められていた。キリスト教の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。