製品事故の消費者トラブル

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数134
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     昨今、製品関連事故の話題が新聞等で頻繁に取り上げられている。石油温風器による一酸化炭素中毒事故やシュレッダーによる幼児手指切断事故など社会問題となった事件を含め、毎日のように製品事故の記事やリコール情報が各紙面に散見される。また、消費者の安全性に対する関心も急速に高まっており、国民生活センターのPIO-NET情報によると、製品関連事故に関する相談は○年度には○件強と、10年前に比べてほぼ倍増している。
     これを受けて消費生活用製品安全法も改正され、死亡など重大な事故が自社関連製品で発生した場合、当該事業者は欠陥の有無に関わらず速やかに経済産業省へ報告することが定められた。製品関連事故では、相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。