日本における道徳教育の歴史

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数630
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における道徳教育の歴史
    第二次世界大戦以前の道徳教育
     日本の戦前の道徳教育について、まずは江戸時代から歴史的変遷を見ていくことにする。江戸時代においては、すべての子どもに平等に開かれた学校制度は存在せず、武士階級の子どもは藩校で、庶民階級の子どもは寺子屋で教育を受けていた。これらは複線型学校制度と呼ばれていたが、それぞれの階級ごとに異なった道徳教育が行われていた。江戸時代の道徳教育の特徴は、修身科が独立した教科として教えられるのではなく、教科書の内容の中に、またそれを教える教師の中に、道徳教育の教材が含まれていたことである。
     明治時代の道徳教育は、明治元年の「五箇条の御誓文」の中に求められる。明治五年に学生が発布され、その基本理念となった「被仰出書」において江戸時代の倫理は否定され、当時の文明開化の雰囲気を反映し、欧米の資本主義の倫理が導入されることで道徳教育観は変化している。「学制」により、日本の近代的な学校教育制度が発足し、「修身」「修身科」という教科をおいて道徳教育を進める方針であったことが分かる。しかし、当時の学校教育では道徳教育はあまり重視されず、知識や技術の教育に重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。