子どもの社会化

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数445
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 はじめに
       現代社会における子どもの社会化(人間形成)の問題点について、マスメディアという観点、いわゆるテレビという手段から生活の変化に触れて考察することとした。これは、現代社会において幼少時代にテレビが普及し始めた時代、言わばテレビ社会が成立する前の時代に育った大人は現在、50~60代を過ぎており、今の日本を支えている生産性の高い30~40代の世代は、テレビ社会の産物であり、現代社会の問題を象徴するからである。
       さらには、IT産業の進展が著しい現代において、マスメディア媒体も多様化・高度化していることから、テレビ社会から始まった社会化も複雑化しており、巷のニュースでも問題視されるようになったからである。
       こうしたことから、原点であるテレビの影響というものを引き合いに考えてみることとしたものである。
    2 テレビ視聴時間の実態
    イギリスの児童研究家であるヒンメルワイトは、子どもたちは通常の学校とテレビという2つの学校に通っていると言っている。この2つは遠く隔たっており、前者は苦痛、後者は楽しいものと認識されているからである。
    先に述べたテレビ世代に育った30~40代の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。