特別活動の内容と特質

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動の特質と内容
    はじめに
     小学校において、特別活動の内容は、学級活動、児童会活動、クラブ活動、学校行事の3つで構成される。これら3つは、特別活動の目標を達成するためにそれぞれの関連を図って効果的な展開を図っていかなければならない。それぞれの活動について、内容に応じた活動例を示していき、その特質(活動によって身につくことが期待されている効果)を考えていきたい。
    特別活動の内容とその特質
    ● 学級活動
       特別活動において、学級単位で行われるのは、学級活動だけであり、学校生活全体に関わる内容を扱う活動である。
     したがって、学級担任が指導し、学級活動を効果的に行うためには、学級内における児童・生徒と学級担任間の人間関係の形成がされていなければいけないと考えられる。そして、その人間関係を中心に、活動の基盤となる「学級づくり」に努めなければならない。学級活動の具体例としては、係活動、集会活動、学級討議などである。学級活動を展開していく上での主な活動は、「学級討議」である。
    それでは、最も大切である「学級討議」について述べていく。
    学級討議を行う上で、重要なことは、①議題の決定、②議決..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。