社会科教育法 社会科における評価の意義と主な方法について、事例を挙げて具体的に述べなさい

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数174
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史日本社会小学校情報子ども学校教師文化

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校社会科における学指導要領改訂の趣旨
     小学校社会科において改善が行なわれ、児童が社会的事象に関心を持ってすすんで関わり、それらの意味や働きを多面的に考えたり、社会的事象を構成に考えたり判断したりできることをいっそう求めている。また、地域社会やわが国の産業、歴史、地理的なことなどに対する理解を深め、愛情を育てるようにすることを重視している。さらに、国際社会に対しても目を向け、わが国の国際社会での役割を理解することも目指している。
     学習面では、詰め込みすぎで知識を習得することに重点を置いた学習ではなく、学び方や調べ方を身に付ける学習や体験的な学習、問題解決的な学習をいっそう重視することが示されている。そのため、社会の細かな知識を覚える授業から、児童一人一人の興味・関心に基づいて観察・調査、体験、表現など具体的な活動へと改善し、社会的事象の意味や働きなどを考えたり、自分の意見を述べたりする児童の育成を目指している。
    小学校社会科における学習指導要領の要点
     小学校社会科の内容改訂のポイントとして、複眼的な視点やアプローチのもとに社会的事象をとらえさせる“足下から”と“広い視野から”を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。