家族関係論 家族が果たす役割・機能について具体例を挙げて述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数439
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族とは
     家族とは何か、一言で言えばそれは「子どもの誕生と成長に関わるシステム」である。家族というシステムは、社会的成員の再生産と文化の伝達を目的として生殖、性、生まれた子どもの保護という生物的事実に、インセント・タブーなどの文化的事実が組み合わされて成立したといわれている。家族と似た言葉に家庭というものがあるが、この家族、家庭というものはしばしば混用されたり、互換性に用いられたりしている。家庭とは愛情で結ばれた親近者が「感情融合」を図る場とされ、とりわけ子どもにとって生存と生活の基礎そのものであると見なされている。
     近年、少子高齢化や核家族化により、家族規模が縮小している。核家族における人間関係の基本は夫婦関係、親子関係、きょうだい関係の3つである。
    それでは、子どもにとって家族とはどのような存在なのか、また子どもが心身ともに健全な成長をするにあたり望ましい家族の形とはどのようなものか、役割・機能・構造の方面から考えてみたい。
     
    家族の役割
     家族の中では同じ人物が父の役割、母の役割だけでなく夫の役割、妻の役割などといった複数の役割をもっている。例えば、「父親」は子どもからみる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。