家庭 小学校家庭科の内容と、「家庭科」と「家政学」とのかかわりについて述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数495
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     近年、子どもを取り巻く生活環境は変容し、家庭教育力の低下が指摘されている。このことから、新たな時代において家庭科に課された役割が変化してきているように考えている。
     本課題では、小学校家庭科の内容や「家政学」の定義を述べた上で、両者の関わりについて言及し、さらには新たな時代において家庭科に課された役割はどういうものかについて、考察していきたい。
    2.家政学とは
     まず、家政学とは何かを述べていく。家政学は、いわゆる被服学、食物学および住居学等を一つにまとめて統一されているが、共通に収まり得るのは、この分野の発生基盤に家庭生活の改善、科学的管理という実践的理念があるからと考える。しかし、家政学は、実践的理念のもと、専門性による細分化から家庭生活を対象とした家政学を全体として捉えることの重要性を再認識し、「家庭科教育」「家庭管理・経営」「衣生活」「食生活」「住生活」「児童発達」「消費・環境」「学校教育」に関する8つの領域に分類して研究されている。
     家政学の始まりや家政学の経験、進展から察するに、家政学は、家庭を中心とする人間生活の質的向上という実践的目的のために、自然・社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。