発達心理学 社会性と認知の発達との関連を具体例を挙げて述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会性の発達と認知の発達の関連性について
    1.はじめに
     ピアジェによれば、概念と思考の発達過程において、反射から運動的要素や循環反応を経ていく中で、反射からシエマ、シエマの協応、また、イメージに基づく象徴的行動や言葉の獲得などが進む中で、象徴的思考や前概念的思考、直感的思考など、身体・運動機能の発達と認知の発達の関連性の深いとされている。
     ここで、一般的に社会性と聞けば、学童時の学校教育という一つの社会文化的システムへの参画が挙げられるが、人は生まれながらにして特定の集団や社会の中で誕生し、その所属する集団や社会に適する生活様式・行動・言語・価値基準などを、他の人々との係わり合いを通じて学習し、内面化しながら、その社会の一員として行動できるように適応していく。前述の通り、身体・運動機能の発達と認知が関連深いように、生まれながらにして、子どもは集団や社会の中に身を置いているため、社会性の発達と認知の発達も深い関連があると考えられる。
     その関連性について乳児期から順を追って、具体的な事例を挙げながら論述することとしたい。
    2.社会性の発達と認知の発達の関連性について
     子ども達には社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。