発達教育論 近代以降の社会変化に伴う子育ての変化について述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,051
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1.近代以降の社会変化に伴う子育ての変化について論じなさい。    
    社会変化に伴う子育ての変化と子育て支援
    1.はじめに
    近年、少子化や核家族化、都市化が進み、子育て経験の継承や子育てを支える環境が大きく崩れてきている。
    また、地域社会でも、子どもの数が減少したり、高齢化が進んだことなどから、地域社会が果たす機能や助け合いのネットワークが弱体化しているとの指摘がある。
    この子育てをめぐる環境の大きな変化から、家庭のみで子育てを負いきれなくなった現状を踏まえ、今後の子育てのあり方について考えていきたいと思う。
    2.子育ての変化
     社会状況の変化に伴い、子どもたちの生活や発育、また子どもたちの生活や発育、また子育てについて大きく変化してきている点を以下に述べていきたいと思う。
    女性の生活の変化
    第一が、女性の生活の変化である。日本では、戦後から女性の社会進出が一般的になり、働く女性を対象とした法律も多く整備されてきた。そのため家庭に入り、家事を行うことが女性の役割という戦前の認識が変わり、働くことがごく普通のことになった。だが、社会に出る女性の増加は、同時に共働き家庭の増加に繋がった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。