教育工学 学校教育の長所と短所、今後の学校教育のあり方について述べなさい

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数316
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育の長所と短所を踏まえた、今後の学校教育のあり方について
    1.はじめに
     「工学」とは広義的に「ある事を実現するための方法・手段・システムなどを研究する」という意味を持ち、「より良い問題解決の方法を追求する学問」とも解される。このテーマを論じるにあたり、教育工学は「より良く教育目標を達成することを追及する学問」と定義し、学校教育の長所と短所を挙げた上で、今後の学校教育のあり方について考えてみたい。ただし、学校教育という視点は非常に広義的であることから、児童の教育環境側面の典型的な「能力別の学級編成」に絞って論じることとする。
    2.学校教育の短所
     ①人間や学習の社会化
    「能力別の学級編成」の主たる目的は、生徒(児童)の「個性化」であると言われているが、この編成においては知的学習の能率化のみが推進され、学級という生活集団としての意義が軽視されてしまう。今般の学級編成の意義の一つには「教科の学習のみではなく、生活共同体における人間関係の形成を重要視し、民主的な社会性のある児童育成」が位置付けられている。入学時の低学年児童が、生年月日や入学前面接、交友関係、近隣関係に留意して不等質な学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。