家族関係論 男女共同参画のために取られている方策の評価及び問題点について述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数328
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題4.男女共同参画のために取られている方策の評価及び問題点について論じてください。
    男女共同参画社会を目指して
    はじめに
    近年、日本社会での女性の地位というものは大きく変わってきた。しかし、女性の社会的な地位というものは男性と比較するとまだまだ低いといわざるを得ない。本課題では、「家族関係論」という視点から、男女共同参画社会へ向けての政府の取り組み、現代日本における女性の地位について論じ、また男女共同参画社会において女性の地位が今後どのように変化していくかなどを考えていきたい。
     政府の取り組み
     日本政府は、社会における女性の地位向上のための政策を取り始めている。具体的には、育児休業法や男女共同参画社会基本法がこれにあたる。しかし、これらの法律が実際に機能し効果を挙げているかというとそうとはいえず、またこれらが推進する政策の周知徹底がなされていないことから批判が多く存在する。特に育児休業法については、制定された内容が実際の育児では上手く機能しないなどの問題もある。また、男女関係なく休職を認めているにも関わらず、実際の男性の取得は1%にも満たないという統計もある。
     日本における男女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。