体育概論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数449
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性についてのべよ。」
     体力は人間の活動の源であり、健康の維持のほか意欲や気力といった精神面の充実にも大きくかかわっている。学校における「体育」は、生涯にわたって運動に親しむ基礎をつくるものであるが、近年、児童生徒の体力の低下傾向が続いている。
    小学校の体育の目標には「心と体を一体としてとらえ、健康・安全や運動についての理解と運動の合理的な実践を通して生涯にわたって計画的に運動に親しむ資質や能力を育てるとともに、健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てる。」ということが掲げられている。基礎、基本を培う幼・小学校期の体育の学習体験は、一人ひとりの生涯スポーツのあり方に引き継がれる大切なものである。
    人は生活を守るために、事故や災害から身を守らなければならず、その為の教育が安全教育である。それは命の尊厳を理解し、自他の安全を守る教育である。学校の大きな役割の一つとして生涯にわたって自分自身の命を守ることがあげられるが、その背景には安全に生活する能力があり、これは生きる力の一つに大きく位置付け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。