算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数342
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ。上記を踏まえ、2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の特徴について述べ、その教育内容を自分の視点で考察せよ。」
     算数科は学校教育においても大きな位置を占めてきた。「読み、書き、算盤」という言葉に代表されるように初等教育における中心的な教科として位置してきたのである。現在の小学校の算数科の内容について学習指導要領では、「数と計算」「量と測定」「図形」「数量関係」の4領域がある。教師は各領域の相互の関係を意識しながら教育内容を考えていくことが重要であり、次の学年や数学での内容にも連動した物である事を認識しておく必要がある。
     歴史的にも、明治時代の黒表紙教科書には、「数と計算」の内容が多く占められていた。また、算数の内容は厳格な数え主義のもとで「数と計算」を中心に構築されていったが、それは国家としての教育制度を確立する上で強力な推進力を担うものであったが、当時の子どもの認識の発達を考慮したものではなかった。
     大正時代になると、教育を大人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。