生活科概論 科目最終試験 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,146
ダウンロード数228
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年度版
    S0612 生活科概論
    科目最終試験 過去問6題セット

    参考教科書「今日的学力をつくる新しい生活科授業づくり」


    1.生活科において「考える力」「表現する力」を育てる学習指導の進め方についてポイントを5つあげて説明しなさい。

     活動や体験を充実させ、「考える力」「表現する力」を一体として育てていくには、以下のようなポイントが挙げられる。
    一つ目は、「日常的・継続的に繰り返す活動を設定すること」である。子どもは繰り返す中で、身の回りの環境に対する相違点や共通点に気付き、深く対象を考えることに繋がるといえるからである。
    二つ目は、「まねる比べることができる学習材を用意すること」である。子どもの気づきや発見を生み出し、活動を発展させるために、子どもの学習活動の中から、子どもの発想を刺激し、比較し検討したくなるような学習材を用意することが重要である。また、学習材の用意と同様に教師の言葉掛けも重要であり、子どもの考えを広げたり深めたりする子どもに寄り添った言葉掛けを行う必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2010年度版
    S0612 生活科概論
    科目最終試験 過去問6題セット
    参考教科書「今日的学力をつくる新しい生活科授業づくり」
    1.生活科において「考える力」「表現する力」を育てる学習指導の進め方についてポイントを5つあげて説明しなさい。
     活動や体験を充実させ、「考える力」「表現する力」を一体として育てていくには、以下のようなポイントが挙げられる。
    一つ目は、「日常的・継続的に繰り返す活動を設定すること」である。子どもは繰り返す中で、身の回りの環境に対する相違点や共通点に気付き、深く対象を考えることに繋がるといえるからである。
    二つ目は、「まねる比べることができる学習材を用意すること」である。子どもの気づきや発見を生み出し、活動を発展させるために、子どもの学習活動の中から、子どもの発想を刺激し、比較し検討したくなるような学習材を用意することが重要である。また、学習材の用意と同様に教師の言葉掛けも重要であり、子どもの考えを広げたり深めたりする子どもに寄り添った言葉掛けを行う必要がある。
    三つ目は、「人とのかかわりと振り返りの機会を関連させること」である。振り返りにおいては、自分のしたこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。