社会科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数418
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。」
    1、社会科授業の基本構造
    基本構造を述べるにあたって、まず、「社会認識を通して市民的資質を形成する」という社会科教育の本質的目標につないでいくことが必要である。市民的資質を形成するためには、社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断をさせることが必要である。つまり、社会科授業の基本構造は社会認識内容を保障するものでなくてはならない。
    また、学習内容には構造が不可欠である。社会科は長く知識の構造を明示できなかったため、知識の詰め込み教科と言われてきた。社会科の内容の構造は、まずカリキュラム全体が社会諸科学の研究成果の構造性を踏まえていることが必要である。全体構造と学習領域、学習内容が構造的に示されることで、学習している単元の位置づけが明確になり、学習内容の定着性、応用性を高める。しかしながら、学習指導要領では構造性は隠れてしまっている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。