子育てや子どもの育ちを社会全体でささえるためには A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数258
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉子ども女性社会学校保育地域科学

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子育てや子どもの育ちを社会全体でささえるためには どういうことが必要か、少子化対策の視点をふまえて論じなさい。 出生数は第2次ベビーブーム以後一貫して減少しており、1973年の出生数209万2千人であったが2008年の出生数は約109万2千人とほぼ100万人減っている。
    社会の仕組みも大幅に変わってきたなか、今後、子育てをしていくうえで、日本の家庭、社会において、どのようなことが必要とされているのか。  今までの日本の家庭において、育児における女性の負担は非常に大きく、配偶者である男性との協力、家事分担が、女性の負担を軽減し、仕事と家庭の両立をするうえで、大事な要素となってくる。「女性だから、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。