573 保育学 4単位目

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数574
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    保育の発展に貢献した人物を取り上げ、その保育思想の概要と今日的意義について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育学 573
    4単位目
    講評:フレーベルの保育思想の今日的意義は何か、これからも深めていって下さい。
    保育の発展に貢献した人物を取り上げ、その保育思想の概要と今日的意義について論じなさい。
    保育の発展に貢献した人物として、フレーベルを取り上げる。
    フレーベルは1782年ドイツで生まれたが、フレーベルの時代には「施設」は「国民の下層階層のための託児所」として存在しているにすぎなかった。
    フレーベルの考え方・思想というのは、「すべてのもののなかに、永遠の法則が、宿り、働き、かつ支配している」というもので、これは当然幼児にも当てはまる。フレーベルは、「幼児期は人生の中でも特別な時期」と位置付けているが、当時はこのような幼児期を特別なものと位置付ける考え方はなく、斬新な考え方であった。「神的本質を有する子どもは不断に創造すべき」と考え、教育が「決して命令的な断定的な干渉的なものであってはならない」と述べているのも、教育上自己活動を重んじなければならないことを意味している。
     教育が命令的ではなく、発達段階にそって内面が引き出される作用として行われるならば、それは自発的活動、自己活動によって展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。