573 保育学 1単位目

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数483
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国の乳幼児のおかれている家庭的状況について考察し、社会的保育サポートの在り方について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育学 573
    1単位目
    講評:「子どもの最善の利益を守る」、これが保育サポートについて考える際にも
    確かに重要です。
    わが国の乳幼児のおかれている家庭的状況について考察し、社会的保育サポートの在り方について論じなさい。
     AC(アダルト・チルドレン)という言葉に代表されるように、今の乳幼児のおかれている家庭状況は十分だとはいえない状況にある。子どもは、何らかの機能不全を起こした家庭の中で育つと、自分が感じた人生へのストレスへの正常な反応として、嗜癖、脅迫神経症、不健全な依存、抑うつ、恐怖、不安など実に様々な症状を示すようになる。親子間の心理的連鎖は強力であり、感情面や心理面、身体面に様々な問題を抱えた親に育てられた子どもは、親から様々な影響を被る。情緒不安定な親を気遣ったり、病弱な親をいたわったりし続けるうちに、「小さいお父さん・お母さん」役を引き受けることになり、子どもが子どもになれない状況が生じる。その結果、「負の循環」が起こるのである。
     エリクソンによると、「豊かなライフコースを歩むためには、乳幼児期における親子のあり方がしっかりしていなければならない」としており、「基本的信..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。