459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数251
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。

    2.家庭教育の現状、問題点について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 459
    4単位目
    講評:1.2とも適切に論述しました。
    学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
     開かれた経営を目指し、学校経営の変革が行われている。1996年12月、行政改革委員会は「規制緩和の推進に関する意見(第2次)」の中で「学校選択制」を提案した。学校選択制導入が、「選ぶ―選ばれる」という緊張関係を意識的に作り出すことによって、各学校が選択されるためには他にない「特色」を作り出すような努力を促進する動機付けとなり、保護者は「選択」という行為を通じて、子どもに対する責任の自覚と教育に対する関心を高めるようになる、というのが見解である。つまり、選択制の制度目的は、市場原理と自己責任の原則を前提に、保護者が学校選択権を行使することで、子どもたちによりよい教育を保証することにあるというのが意図であった。実際、都市部には一部に人気、不人気が突出した学校がある。意識が高い親は「荒れている」と評判が立った学校を避ける。その結果、「選ばれなった学校」は「選ばれた学校」に比べて問題が起きやすくなり、一度張られた「荒れている」との..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。