454 教育課程論 科目終了試験問題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,190
ダウンロード数98
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目終了試験の過去問です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    454 教育課程論 科目終了試験問題
    A.2009年以降配本済テキスト所持者用問題
    09.6
    1.昭和22年度版、26年度版の学習指導要領にあらわれたカリキュラム改革の特徴に
    ついてまとめなさい。
    2.下記について説明せよ。
    (1)絶対評価と相対評価それぞれのよい点と問題点について
    (2)ブルーナーによる「学問主義、専門主義、構造主義」の意味について
    09.6
    1.教育課程の編成原理を戦後の「社会科」を例にして説明せよ。
    2.下記について説明せよ。
    (1)教科書のもつ機能(その系統性、特徴など)とは
    (2)70年代アメリカ教育界の「学校の人間化」とは
    09.10
    1.1958(昭和33)年以降の学習指導要領改定版(昭和33年版、昭和43年版)
    に現れた顕著な特色(系統性の尊重、教育内容の現代化など)についてまとめなさい。
    2.下記について説明せよ。
    (1)教科書のもつ教育的意義や機能について
    (2)戦後の学習指導要領に示された「試案」や「告示」のもつ意味と違いについてま
        とめなさい。
    09.11
    1.1977(昭和52)年の学習指導要領(教育の人間化、人間中心教育課程など)の
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。