752 初等図画工作科教育法 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数776
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1000字程度に大意要約せよ。

    2.テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1000字程度に大意要約せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等図画工作科教育法 752
    1単位目
    講評:相応の内容と評価します。学校教育における芸術科目のあり方として、子どもたちの根源的な生命力の発揮を促したいものです。
    1.テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1000字程度に大意要約せよ。
    図画工作科は、絵を描いたり、何かしら物的材料を用いてものを拵えること(表現活動)とそれらの活動の前提である、自然の事物に関心を抱くことや、つくられたものの表現の意図を探ろうとすること(鑑賞活動)を行う教科である。図画工作科の性格は、小学校学齢期の児童にむけての美術教育(学習指導要領でいう「造形的表現活動」)である。
     造形とは、「形をつくる」ことであるが、人為のみでなく、動物や昆虫の造巣活動や、機会的生産も含む。つまり物的材料の変工という行為によって残される身振りの痕跡、その集積がそのまま作品となるのである。この変工を人為的変工というが、その行為の結果現れる以前とは異なった状態の特徴としては、そこに新たな幻影を伴うことである。「造形的表現活動」とは、物的材料に人為的変工を加え、そこに幻影を見いだし与えることであり、言い換えれば、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。