753 初等体育科教育法 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数630
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小学校体育科における運動領域(ゲーム、体つくり運動、器械運動、陸上運動、水泳、ボール運動、表現運動)のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等体育科教育法 753
    1単位目
    講評:体育で実施する各領域別ねらいと各領域別学習内容及び留意点について、よくまとめられています。
    小学校体育科における運動領域(ゲーム、体つくり運動、器械運動、陸上運動、水泳、ボール運動、表現運動)のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。
    ○ゲーム
    ①ねらい ゲームは主として集団対集団で競い合い、仲間と力を合わせることに特性があり、仲間と協力してゲームを楽しくする工夫や、楽しいゲームを作りあげる。
    ②内容 低学年ではボールゲームと鬼遊び、中学年ではゴール型ゲームとネット型ゲーム、ベースボール型ゲームである。留意点は、構成に行動する態度、勝敗の結果をめぐって正しい態度や行動がとれるよう事前によく指導して、危険なプレーがないようにすること。
    ○体つくり運動
    ① 体力を高める運動に、新たにほぐしの運動を加えて構成。
    ② 体ほぐしの運動は、色々な手軽な運動や律動的な運動を行い、体を動かす楽しさや心地よさを味わうことによって自分や仲間の体の状態に気付き、体の調子を整えたり、仲間と交流したりする。体力を高める運動は、体の柔らかさ及び巧みな動きを高めるための運動と力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。